2014-04-13 22:56 | カテゴリ:娘ヴァイオリン&和太鼓
みなさんこんばんは!!!


ここ2日ほど、日中はまあまあ暖かでも夕刻あたりからひんやり、ですね。。
今日はお昼から夕刻に外で過ごしておりましたが、
16時ごろから肌寒くて、若干震えながら外にいた私(ゆっぴ)です


そう!
今日は前々から告知していた「川越太鼓祭りinえすぽわーる伊佐沼」でした☆


今日は、まずその模様を写真をメインにお伝えっ!!!
(というのも、さすがに今日は午後からとはいえ、若干グッタリ。。
なもので、長文を書く気力が・・・


下記、川越太鼓祭り@えすぽわーる伊佐沼さん!
お祭りの様子はこんな感じです




大トリの川越ふじ太鼓、の出番は16時ちょっと過ぎくらいでした。。
今回も最初の演奏は幼児&小学生が中心の
「彦太鼓Ⅱ」「やまびこ太鼓第2番」!!




そうそう、うちの娘さん。
今回、前列ではありましたが、珍しくセンターではなく、
向かって右側の一角におりました!!





幼児の演目最後の「やまびこ太鼓第2番」の最後のポーズも決まったっ!!





幼児さんたちの後は、小学生、大人、大人、ジュニアチーム(児童の中でもコンクール代表の
子供たちの演奏)、中高生、フィナーレと続いたのですが・・・。
下記は、フィナーレのいわゆるカーテンコール後の風景です!





と・・・
そんなこんなでどうにか今日の本番も終えることが出来ました
川越ふじ太鼓の皆様および、保護者の皆様、お疲れ様でした

ところで・・!!
こちらをご覧の皆様ご存知の通り、和太鼓にはメロディーがないので、
演目は、同じリズムをたたかないにしろ、音がない分一見単純なのではないか、
と思いがちですが、
でもでも、太鼓にだって、音色はあります!!
その音色をそろえたり、タイミングをそろえることは楽器が難しくない分、
プロ級に追及するのは本当にむずかしいと思います。
メロディがある方が、正直ごまかせますしね!


と、そんなこんなで、
弦楽四重奏やオーケストラと和太鼓の合奏って、演奏をしている中で
音色を作っていかないとならない点は似ているのかな、と
今日は特に感じました

まあ、
ヴァイオリンは技術的に難しく、いろいろなところに気を配らなくてはならない
ところが大変で、方や打楽器や和太鼓は、単純作業ならではの
リズムのさらなる正確さ、また打点(太鼓のどの部分を打つかによって音色が
微妙に変わるらしいです。。)をそろえることで音色がきれいに統一される、
という部分では、弦楽器の音色つくりとの共通点があるように思います
打楽器が打点をそろえて音色をそろえる部分は、
弦楽器で言うところの弓を使う場所を個々で統一するところとほぼ同じ考え方です。


音楽って楽器が違えど、共通するところはたくさん!!なんですねっ☆
娘には、和太鼓とヴァイオリンを練習することによって、
リズム感、音色つくりへの意識、根性、
などなどいろんなことを学んでほしいな、と思う母でした


さてさて・・・
明日はレッスンはおやすみですが。。。
19日にさいたま市北区にてソロ演奏の機会を頂きましたので、
明日は選曲やそれ以外にも基礎練習、お教室事務、などなど、
レッスン以外のお仕事に没頭いたします!!
また、お教室紹介ブログの方も先日更新しましたが、
まだまだざっくりとしか更新が出来ず、細かなところが抜けていたり、
など、まだまだ整備も必要なので、明日はそのあたりも頑張って行います!
平成26年度は、安定したお教室運営と積極的な音楽活動。。
がんばっていけたらいいなあ。。


そのための準備を、明日頑張ってさせて頂きますっ!!



皆様、今週前半はしばらく肌寒い日が続くみたいですよ~!!
風邪などひかぬように&明日もよい1日を☆
スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/1232-6228c57c