2015-07-15 01:52 | カテゴリ:お教室からのお知らせ
皆さんこんばんは♪
今日も暑かったですね~
また、そんな暑い中、
お越し頂きました4名の生徒の皆様、お疲れ様でした(^O^)

ところで、、
今朝方、とりあえず本日のレッスンスケジュールのみをお送りしたブログ記事
とさせて頂いたのですが、
実は今までずっと思っていたことについて、いつか書かせて頂きたい
いつの日か・・・と数週間ずっと思っていた件がありましたので、
明日おやすみで今宵は多少ゆっくり
出来る、ということもあり、今宵、意を決して書かせて頂きたいと思います。

というのも、
題にも書かせていただいた主に発表会になりますが、
それに付随する老人ホーム慰問演奏会やおさらい会
等等の当教室の行事のご参加について、最近いろいろ考えることがあり、
本日こちらの記事とさせていただきます。
ただ、こちらの件、
ブログには書かせて頂きますが、あえて生徒の皆様全員に
直接お話したり、手紙やメール等でお伝えするつもりはありません。
ただ、下記に書かせて頂いた今後の対応によって、
該当の方にご説明させて頂かなくてはならなくなってくることは
今後あるかと思います。
また、その時にもしかしたら・・・言い方は悪いですが
反感を買う可能性はあります。
でも、私はそれでも良い、と思っております。
やはり、発表会に対して真摯に向き合ってくださっている
生徒さんを大切にしたい、という思いから、
下記のような決断をさせて頂きましたこと、
こちらをご覧の皆さまにご理解頂きたいと考えます。。



まず、当教室の発表会ですが、
基本的に強制参加、ではありませんが、
可能な限り参加をして欲しい、というスタンスで毎回行わせて頂いております。
なぜ、そのようなスタンスを取らせて頂いているか、というと、
生徒の皆さんに毎回発表会のお知らせをさせて頂く際にも
ご説明させて頂いているので、皆さん重々承知かと思うのですが

①発表会を行うことにより、また自身が弾ける曲の上のランクの
曲を目指すことによっての技術向上を目指すため
②他の生徒さんの発表を聴くことによって自身のことを考えたり
自身の励みになるようにという意図によるため
③場合によってアンサンブル等を経験することによって
他の生徒さんとのコミュニケーションを取ったり、
人と合わせることを身に付け、音感やアンサンブルの技術を取得するため

というコンセプトの下、このような「発表会」という機会を設けております。
幸いにして6~7割ほどの皆様には上記の主旨をご理解いただき、
発表会にもご参加頂いているのですが、
中には
・表向きはやむを得ない事情をおっしゃられているものの、
明らかにご参加されたくない意図を感じるかた
・特に大人の方に多いのですが「もう年齢が年齢なので恥ずかしい」
という理由で絶対に参加されない方
など当教室の3割~4割の方は絶対に参加されたくないんだろうな、
と思われる方がいらっしゃいます。

がしかし、
それに関しては皆さん様々な考えがあってのことなので、
私も正直あまり強くは言えません。
また、お子さんの場合と大人の方の場合、
一言で言ってしまえば「参加したくない」は同じなのですが、
その言葉の重さが違うように思います。
実際、大人の方が恥ずかしい、というのは
子供達と違って頭でいろいろ考えてしまい、恥をかきたくない、
恥ずかしい思いをしたくない、緊張することが怖い、
といったような気持ちが強くて、
断固、不参加というところに結びついていらっしゃるので、
そこは私は仕方ないと思っております。
また、実際そういう方は慰問演奏会も不参加ですし、
他の生徒さんと関わることも躊躇されていらっしゃるので、
ヴァイオリンに対しても別な楽しみを見出しており、
私はそれはそれでよいと思っています。

ただ、実は、
お子さんの場合の不参加、の理由なのですが
お子さん自身が出たくない、という気持ちが強い場合と、
保護者の方が出したくない、という気持ちが強い場合があります。
また、お子さんの生徒さんの場合に、発表会は出ないけど、
慰問演奏会は出たい、というケースも
あり、(この場合、言い方は悪いですが、慰問は気軽に
参加できるから、とお思いなんだと思います)
私も今までそこに関しては発表会に参加をされない方にも
慰問演奏会はご案内をし、出席もして頂いていたのですが、

来年度からは、
・お子さんの発表会不参加の理由が明らかに
「やむを得ない事情」ではなく参加したくない意図が感じられる場合
・大人の方に関しても、仕事等の「やむを得ない理由」ではなく
「参加したくないから」といった理由の場合
(ただし、大人の方の場合は恥ずかしい、という理由が
あるのは重々承知で、それは致し方ないと考えます)
の上記2点については、
今後、慰問演奏会のご案内も差し上げないこととさせて頂きます。

「発表会は参加したくないけど、慰問演奏会は参加したい」

このようなケース、今までは私自身、
自分の中で納得がいかない、
と思いつつ、仕方ないかなと思い受け入れてきたのですが、
やはりここに来て、
発表会に出ていらっしゃる方から
・「慰問には出るけど発表会は参加しない人もいるの?」、とか
・「発表会に参加することに意味があるのにね」、
といったご意見や、辛口の方からは
「発表会に参加しないのに慰問は参加するのね」
といった話もごくごくたまにですが、出てきます。
また、
実際、発表会は皆さんそれなりに苦労してがんばって
いらっしゃるので、そう思われるお気持ちも多少なりとも
私もわかります。

また、運営側から言いますと、
発表会に出たくない、出したくない、という気持ちもわからなくはないですが
慰問演奏会があるから、慰問に出ればいいや、という考えの方が
増えてしまうと、発表会を開催する意味がなくなり、
また発表会を本当に開催して欲しい、勉強をしたい、という方が
発表の場を失う、ということに今後なりかねないので、
そういったことを踏まえ、

来年度は基本的に発表会にお出にならない方については、
慰問演奏会のご案内は差し上げません。



今年度までは、全員の方に慰問演奏会の参加不参加の
アンケートをとりましたし、実際8月、10月、来年の1月
の3回を皆さん振り分けてお話を進めておりますが、

2016年5月3日(火・祝日)の発表会に参加されない方
(理由がお伺いしていて・・・????と思われる方、
今まで案内をさせていただく中、何だかんだ発表会のご参加に
ついて逃げていらっしゃる方)
につきましては、来年度の慰問演奏会及びおさらい会の
ご案内は差し上げない旨、こちらの記事にてご案内
させて頂きます。

と、私も少々書き方が辛口かもしれませんが、
ただ、発表会を開催させていただくにあたり、
こうでもしないことには、
本当に発表会を楽しみにしていらっしゃる方が減ってしまい
慰問演奏会でいいや、と思われる方が増える傾向が最近は
ありましたので、
今回の決断に踏み切った旨、ご理解頂きたいと考えます。
また、実際発表会に参加されないかたで、
こちらのブログをご覧頂いている可能性のある方がいらっしゃいますが、
私はそれはそれで致し方ないと考えます。
私が考える教室運営は、あくまで

・生徒の皆さんにヴァイオリンの技術向上を提供するサービス

であって、
生徒の皆さん全員が思い通り満足いただけるサービス、
をさせていただく場だとは思っておりません。
私自身がワンマンになるつもりはありませんが、
やはりいろいろな生徒さんが在籍されておりますので、
自分にとって、また、在籍の生徒さんにとって一番よい方法
を取らせて頂いた場合、中には意にそぐわない方も
当然出てくると思います。
ただ、以前はその方達も何とかしないと、と正直一生懸命策を考えて
行動をしていたのですが、
こちらが頑張っても報われなかったり、納得がいかないご対応を
されたり、といったことがちょくちょくありましたので、
最近は上記のようなことも仕方ないのかな、と考えるようになりました。。



と、今日は真面目な話しを失礼しました。。
ただ、上記については、いつかお話しなくては、と思っておりました。
また、こちらのブログをご覧頂いている方は
比較的ご協力を頂いているありがたい皆様ばかりなので、
ご協力を頂いている皆さんに私の考えを、
真っ先にお伝えしたい、という思いもありました。。


それと、もう1つ。
発表会費ですが、
ヴァイオリンの場合、ピアノ伴奏というものがどうしても発生しますので、
ピアノの発表会よりお金がかかるのは一般的です。
ただ、私が幼少の頃習っていた時の発表会費と
最近では、やはり今のご時世、
以前より経済的に不景気だということと、
またヴァイオリンが昔より庶民的な楽器になってきた、ということもあり
実際、昔の3分の1くらいの発表会費が相場になっています。
習っているみなさんの価値観も昔とは違いますので、
実際昔と同じように発表会費、を取ることもできません・・・。
(そんなことをしていたら、それこそ参加者がほとんどいなくなって
しまうので、実はピアノの伴奏の先生にも割安でお願いせざるを得ない
ようなご時世になっているようです・・・これは当教室だけではなく、
他のヴァイオリン教室でも似たり寄ったりだと、聞きました)
これは余談ですが、
娘のT音大の発表会費、と娘の門下の先生の発表会費と、
当教室の発表会費、は偶然でしたがほとんど同じ値段でした。
ちなみに昔は・・・
発表会費1万円+ピアノ伴奏の先生の謝礼に2万円
で3万円、くらいが普通でしたし、
コンクールに出るとなると、
1回に20万くらいかかっていたように記憶しています。
(その場合半分以上は伴奏謝礼だったように記憶しています)


と、話が前後しましたが、
発表会に出たくない、とおっしゃる方の中に、
お金がかかるから、とお考えの方も当然いらっしゃると思いますが、
当教室の発表会費は決して割高ではないことだけは
お伝えしておきます。
また、
実際、あれだけの時間や手間が掛かっているのですが
私自身利益はほとんどありません。
(今年の4月の発表会についてはホールでの演奏会だったので、
もうちょっとで赤字になるところでした・・・)
そういったことも踏まえた上で、
発表会に参加するあり方、を毎回不参加を表明される皆様に
ぜひ、考えて頂きたい、と思います。
また、今回のこちらの記事、
お心あたりのある方にとっては、少し辛口の表現もあったかもしれませんが、
昨今の発表会やヴァイオリン教室の事情も知っていただく上で、
また当教室の運営のあり方をお伝えするよい機会だと考えた上での
記事、とさせて頂きましたことご了承ください。
ただし、該当の方に表立って説明するつもりはありません。
あくまで、来年度発表会を開催してみて、
ご参加いただけなかった方に、慰問演奏会やおさらい会の
ご案内を差し上げないので、
そこでお気づきになられ、ご質問があった時に、
上記を詳しくご説明させていただく予定でおります。

長々と恐縮ですが、
皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたしますm(_ _)m



さてさて・・・
明日はおやすみです
とはいえ、今週は比較的時間に余裕があり
明後日も、夕刻のレッスン4名のみ、と楽チンウィークっ!!
レッスン人数が多いのは金曜日、でしょうか?!
また、来週の火曜日は久しぶりに自身のヴァイオリンレッスンが
復活します
私自身ももっともっと勉強をしていきたいと思います☆



ではでは・・明日も暑くなるかな?!
私は・・・岩盤浴で一汗かいてきます~
皆様、よい水曜日をっ






スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/1570-2f3c76c3