2015-12-23 00:24 | カテゴリ:弾き方講座
皆さんこんばんは
ここ数日年末に向けて毎日7~8名のレッスンがぎっしりなせいか、
毎夜毎夜ぐったりしており、日中もレッスンに追われているせいか、
メールの返信もできず・・・といった状況が続いておりますが。。。
皆様いかがお過ごしでしょうか?!

また、巷のヴァイオリンやピアノの先生のブログなどなどを
時折拝見させていただくことがあるのですが、
他のお教室のブログなどを見ていると、
ここ数日、今日でレッスン終わりました~♪
なーんて記事を結構な頻度でお見かけしており、
内心「むむっ!羨ましいよ~。。うちなんて今週、
日曜も土曜も祝日もやすみなしだぜぃ~」なーんて心の中で
叫んでおりました。
って、巷のお教室さんは、今日で終わりとか、
先週でレッスンが終わり、のところ、意外と多いみたいです。

ただ、当教室が今週26日までみっちり、レッスンを
行わないとならないのにも実は理由があり。。
というのも、本来一番回数の多い、年間45回(ほぼ月4回)の
生徒さんは、本来12月は月3回にすべきところだったのですが、
来月のふじ太鼓の記念公演に備えて、今月でなく来月の年始の1月、
を月3回にさせていただいているので、
今月は日が少ない中、年間45回の方の4回目のレッスンが
今週にほとんど入っています。
あと、フリースケジュールの方のご希望が・・・・
今週はとても多く(土日祝日に希望が殺到したのが原因です)
そんなこんなの今週の四苦八苦状態。。。。

とまあ、自分で組んだスケジュールなので、
自業自得、なのですが・・・
でもでもこの過密スケジュールは老体に堪えますです
正直、もう若くはないので・・・
皆さん、来年から12月を月3回にしますからね~♪



さてさて、
本日の本題ですが・・。。
日頃から皆さんに、楽器の構え方、左手の弦の押さえ方、右手の弓の操作方法、
などなど。。。。正しい姿勢で弾くこと、弓をたっぷり使うこと、
力まないこと、等口頭でお伝えしても、フォームが直らない方が大多数で、
どうしたら良いものか・・・いろいろ考えたところ、
言っても直らないなら、書いて壁に貼ってしまぇ~い、とふと思い立って、
夜な夜なでっかい紙に書き出して、貼りだしたのがかれこれ1ヶ月くらい前なのですが。。。
最近、大人の生徒さんも子供の生徒さんも、目の前にこんなものが貼り出されていると、
気になるのか、私が口を酸っぱくして言うよりも効果があるようで、
壁を見ながら書いてあることに対して気をつけてくれるようになりました!!





↑のようなものを譜面台の前に貼って、レッスン中は常に見えるようにしています。
そうそう、特にお子さんの場合ですが、フォーム(姿勢)について指摘しても、
やれ、首が痛いだの、(左手を)押さえにくい、だのいちゃもんをつけて
(って言い方が悪くてスミマセン。。今日の私。。。疲れがピークなので、
少々お口が悪いのかもしれません。。。)来ることもあり、
少々困っておりました。
時と場合により・・・フォームを指摘した途端、ご機嫌が悪くなる子もいました。

ただ、痛いのには何かしら必ず原因があります。
楽器を挟んでいる位置が悪かったり、肩当てが悪かったり、
別な場所に余計な力が入っていることに気づいていなかったり、
はたまた個々の体の作りが原因のこともあります。
(大人の方に多いですが・・・首が短くて肩当てが合わない、なで肩、
腕が短すぎて全弓弾くのに苦労する、など身体的にヴァイオリンに
向かない方も正直いらっしゃいます。)
腕や方に力が入りすぎていて、痛くなることもあります。
また、長く弾いていらっしゃる方でも、慢性的に肩こりに悩まされます。
実は、、
成長期に、私は顎関節症、なるものになりました。
(練習のしすぎで、顎が痛くて開けられなくなりました・・・)
とまあ、痛みは様々、原因も一概にも悪いフォームだから、
といった理由だけでない場合ありますが。。。
ただ、初心者の方の場合に限っては、
ほぼ8割、9割は姿勢が悪いがゆえの体の痛みだったり、
力みすぎ、が原因の場合がほとんどです。
以前の記事にも少し書かせて頂きましたが、

ヴァイオリンの演奏は、
野球やゴルフ、テニス、ボーリングなどの球技と一緒です。

特に手具を持ってプレイする球技などに、
全く同じことが当てはまります!!

・腕の振りは自然に任せて大きく振れていますか?
(ゴルフや、テニス等のすぶりがこれにあたります)
ヴァイオリンの弓の操作、はずぶりと一緒です。
弓がちゃんと全弓使えていないと腕の動きが波に乗れず、
良い演奏は出来ません。

・力んでいるとよいプレーが出来ません!
力んで球を投げたり打ったりしても、野球だとファウルになったり、
テニスだとアウトラインに球が入ったり、しますよね!
ヴァイオリンの場合は左手が痛くなったり、肩が痛くなったり・・・
しずかちゃんのヴァイオリンの音になってしまいます。


・姿勢を正すことが大切です。
自然な姿勢でいることが無理のないよい音作り、につながります。


それと・・
ヴァイオリンの演奏は、普段と違う筋肉を使うので、
皆さんとっても強ばってしまい、
緊張のあまり、リラックスして姿勢を正す、ということが
なかなかうまくいかないようです。
という訳で、
紙に書き出して、最近はそれを演奏前に読んで頂いたり、
大人の方には、弱点に関しては、紙を見ながら具体例を入れて
説明したり、等していますが、
注意書きを貼りだすようになってから、
皆さん随分気になさるようになってきて、私もとっても嬉しいです(^O^)
「百聞は一見にしかず」ですね!!
口酸っぱくして言っていた頃が・・・最近はちょっぴり
懐かしくなります・・(笑)


そんなこんなで、
皆さんまずは、姿勢を見直し、弓をたっぷり使う習慣をつけましょう!
また、これは究極の選択ですが・・・

①技術は持っているけど音が汚い
②技術はあまりないけど、音が綺麗

であれば、絶対②番が良い、と私は思います。
綺麗な音で弾けたら、もうそれだけでテンション上がりませんか?!
極論を言ってしまうと、
①音程が正確だけど、音が汚い
より、
②音程は少々狂っていても(狂い過ぎ、は別問題です)音が綺麗

な方がヴァイオリンの場合は、楽しく長く続けられ、
練習を積んでいくうちに、技術的なことは後からついてきます。
また、音程を取ることは、地道な訓練で、ある程度はなんとなるものです。
まずは、綺麗な音でストレスなく弾けること、
がヴァイオリンを長く続けるのと、うまくなることに直結するので、
日々の基礎練習とよい音を作ること、が本当に大切になりますよね!
(極論・・・音程は二の次、です♪)

と言う訳で・・・・今日の結論なのですが♪

皆さん、綺麗な音で弾く努力や練習をしましょう!
特に発表会は、音響の良い設備で、ホールで演奏しますので、
自分の音に酔いしれたいですよね!
(そこまで心の余裕はないかな??私もですが・・・(笑)
そのためには、
姿勢の見直しだったり、運弓方法の見直しだったり(弓の使う方のことです)
左の音程を正確に取るための音階練習だったり、、
と、曲を練習する前の基礎段階にやるべきことがいっぱいあります。

来年の5月3日の発表会に向けた方もそうでない方も・・・。
基礎の見直し、始めてみましょうね!
私も、、、
未だに試行錯誤しながら、ですが、
皆さんの良い音づくりのお手伝いをすべく、
頑張っております
また、自身の勉強もまだまだ、なので、
自分自身の見直し、も怠ってはいないつもりです★
音楽は一生勉強ですね(^O^)
私自身も、よい演奏をすべく、日々頑張っていかないとならないなあ、
と最近は思い、頑張っています。。
(ただ、、ここ数週間は忙しくて、それどころではなく・・・言い訳ですね・・(笑)



ではでは、
続いてはレッスンスケジュール♪


【12月23日水曜日・祝日レッスンスケジュール】

すべて南古谷にて
10時~大人の方45分
11時~大人の方1時間

※途中で娘の太鼓の練習の引率を
行っております。
(公演準備は仕事のため、明日はお断りし、
レッスンに専念します★)

13時30分~大人の方30分
14時~大人の方30分
14時30分~大人の方45分
15時30分~高校2年生さん


明日も忙しくなりますっ
頑張ってまいりますっ!!


それと・・・
明後日24日(木)。
久しぶりにおやすみをいただきます
最近全く行けていない岩盤浴と、夜のイブパーティーの準備です★
酒が飲めるぞー


それでは、皆様♪
素敵な祭日&クリスマスイブをお過ごしください
明日南古谷にお越しのみなさまにおかれましては、
お気をつけていらしてくださいね~★

よい1日を
スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/1663-36ca8a71