2016-06-23 23:41 | カテゴリ:音楽・音楽活動
こんばんは


今日は朝から事務処理の後、自身のフルートレッスンに行き、
最近の課題、五線の上の、ソ、ラ、シの音を頑張って、
どうにかこうにか吹けるようになって若干自己満足で帰宅しました(^^♪
(まだまだフルートについては、初心者っす。。でも、五線の上のソ、ラの
音は、自分で言うのも何ですが、まずまずなんですよ~)

その後、本業のヴァイオリンレッスンは、
アダルトな雰囲気の大人の2名の生徒さんと、その後はかわいい小学校1年生さん、2年生さん、
はにかみ屋の小学校3年生くん、
最後はディズニー大好き、なかわいい大人の生徒さん
などなど、楽しくレッスンをさせて頂きました。
(おひとり最後の大人の方が残業のためおやすみになりました。お疲れさまです。
残業の場合はご希望があれば振替、行います♪)


ところで・・・
皆さん今日のブログのお題をご覧いただいておや??とお思いになったかと
思いますが・・・。

今日は少し私自身の歴史と、最近の音楽活動についてお話しさせて頂こうと思います。
あ・・・題の「なめんなよ~♪」ですが、小林幸子さんのCM風に
読んで頂きたく書いたもので、
決して挑発的な意味で書いたのではありませんが、多少・・挑発的にもなっています(どっちだ・・(笑)
また・・・何に挑発的になっているのかは、自分でもよくわかりません!





私が20代の頃は、人口も今の若い方よりそれなりに多く、ベビーブームもかなり近かったので、
音楽大学、は本当に入りにくい時代でした。
なので私ら世代の音楽家の方は、本当にすごいと思います。
また、私も高校2年生まで音大を目指していましたが、家庭の事情で断念しました。
(父親の事業の倒産と転職)

と、多感な時期に結構苦労したのですが、でも音楽家になることは決してあきらめませんでした。
ただ、当時は今のようにネット社会ではありませんでしたので、
自分をアピールできる場がなく、音大を出れば音楽の仕事は自然と入るけど、
そうでない場合、やり方が見いだせず、苦労をしたり、ツテがないとどうしようもない、
などちょっと大変な時代でした。。
ただ、幸いにして私の場合、恩師のいる東京に上京し、いろいろツテがありましたので、
細く長くではありますが、若い頃はこの仕事をしておりました。。。


そうそう、余談ですが、
最近youtubeを見ていると、めちゃめちゃうまいなあ、と思う人が
音大卒でなくて、音大以外の有名私立大学だったり、
国立大学だったりする方、増えましたよね!
私的にはそういう状況を垣間見るのはすごくうれしいと同時に頑張らないとなあ、と思います。

と、少々の余談失礼いたしました。
話を元に戻しますが、そんなこんなで若い頃は、どういう風に自分を売り込むかの
術を知らなかったのと、就職も今の20代後半~30代の方々よりは良かったので、
音大出ていても普通に就職する人も多い時代でした。
私も20代後半まではOL(大手電機メーカーの正社員)をしていました。
そうそう、若い頃会社という組織に入っていたことが、
今の自分の教室の経営だったり、いろいろなことに生かされているなあ、とも思います。
またOL、というか、何でもいいです。
専門職でも、雇われ講師でも、何か組織の中で上からいろいろ言われて仕事をすること、
って大切かもしれない、と最近思います。
自分でお教室を経営していると、自分でなんでも自由にできますし、時折人の気持ちが
分からなくなったり、が私はあるように思います。
また、あたかも自分が天狗になっているような気持ちになってしまい、
それではいけないな、と思うのですが、
それはOL経験があるから、なのかもしれません。
ただ、そうはいっても指導者でもありますので、下手(したて)にばかり出ていては、
生徒や保護者になめられますから、注意は必要ですが。。
(この件については・・・今この情報は必要ではないので割愛いたします)


とまた話が脱線しそうになりましたので、修正します
20代~30代前半の頃は若くて遊びたい時期、というのもありましたが、
これまた、たまたま頂いたご縁で、
プロの方と時折演奏やレコーディングの機会を頂いたこともありつつ、
(ありがたいことに、都響やフリーのプロの方とお仕事をさせて頂いたり、
従妹にプロの声楽家がいるのですが、一緒に仕事をしたり、しました・・)
音楽は続けていました。
ただ、実際はあまり音楽の世界には興味がなく、
遊ぶことと、お金が定期的に入る正社員の方がおいしく感じられたので、
音楽はお仕事を頂いていながら、本業なのか趣味なのかよくわからない状況で過ごしておりました。
ただ、オーケストラ活動だけはやめられず、このころからアマチュアオーケストラ活動を
再開し、ゆくゆく30代の頃は、
アマオケのコンサートミストレスという大役を10年近く務めたあたりから
やっぱり、音楽って最高!!私にはこの仕事しかないわ!!と思いはじめ。。。

と・・・・とっても遅咲きですが、
本格的に講師活動、演奏活動をし始めたのは10~15年くらいです。
ずいぶん回り道しました・・・(笑)


でもでも、
人生何事も必然的に起こるものなのだと思います。
確かに今の若い方は少子化も相まって私の若い頃よりは進学や就職に関しては
恵まれている部分もあるかもしれませんが、
私の親世代(高度成長期にバリバリ働いていた団塊世代からそれより前)と、
今の若い方の親世代(40~50代なので、私とほぼ同世代)では、収入も価値観も
違うように思いますので、音大も受験はしやすくても、実際音大に入る方は、
経済的な理由で少ないんだと思います。

だからこそ、音大卒でない、普通大学卒のヴァイオリンの演奏家が増えてきたのかな?!
(最近、ルックスもかわいくて、演奏もうまい、音大じゃない演奏家、実は多いですよ)

とまあ、何を言いたいのか・・・ちょっと自分でもわからなくなってきましたが。。。
でもでも、
何はともあれようやく、こんな私でも活躍出来る時代が来たのかな、と最近ちょっと、思っているのと
(偉そうに聞こえてしまったらすみません)
私が20代~30代の頃は、音大卒だけが音楽の仕事をすべき、という風潮が何となくあったので、
今の時代がうらやましいなあと思います。
ただ、そんな時代の中でも、自身が20代後半くらいの頃に、プロの方とご縁を頂き、
アンサンブルや、演奏会、レコーディング等、そういった方々と肩を並べて活動していたのは今思えばとってもありがたいことです。
それに・・・その時にそういう経験があって、今があるのかも・・しれません。


また、最近ソロライブをさせて頂くことが増えつつあるのも、
ネット社会だからこそ、ですね!
以前はこの業界ではなかなか自分をアピールできなくて
特に若い頃は、本当に苦労したけど、こうしてネットのおかげで今があります。
良い時代になったなあ、と痛感すると同時に・・・今に感謝!!!


という訳で・・・
ようやくたどり着いた表題。。「なめんなよ~♪と今に感謝」です
まあ、なめんなよ、はともかく、本当に今に感謝です。
また、今の状況を維持できるように、まだまだ勉強し続けますし、これから先も
ずっと勉強です。
それと、、
おごり高ぶってはいけませんね。
ただあまりへりくだってもいけないのでそういう意味では「難しい業界」です。
これまた余談ですが・・・。。
(おごり高ぶること、については近い将来機会があれば書きたいブログネタです★)


と、、本日実は、ふとお風呂に入りつつ、いろいろ最近のお教室事情について考えている
最中に思った私自身の歴史と、これから先の音楽人生に関しての決意も含めた
ので書かせて頂いた本日のブログネタです!!

長いことお付き合い頂きありがとうございました・・






そうそう、最後に、、
今日の新河岸教室のレッスン@大人の方ですが・・・
その大人の方が持っているヴァイオリンケースが私とおそろいで、
2つ並べるとあまりにかわいいので思わず頼んで写メさせて頂きました!!!
大人のSさん、ご協力ありがとうございました





※左が生徒さんの、右のステッカーが貼っているのは私のです。。
ステッカーは、ケースが傷ついたので・・・貼りました。。。



ではでは。。。
当教室は25日土曜日まで・・・今週はレッスンがあります。
土曜日のレッスンスケジュールは、、近いうちに書きに参ります~♪
※明日のレッスンスケジュールは前回記事にてご確認ください(^◇^)


明日は登校時間に晴れてほしい。。。
よい1日を~♪

スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/1762-6146c51e