2016-08-02 01:30 | カテゴリ:生徒募集
~この記事は諸事情により、以前掲載した内容を
一部修正しております。~





こんばんは
本日予告通り2度目の更新になりました。。

また、当教室は7月30日から8月1日まで3連休を頂いており、
3日間、たくさん遊んで、沢山事務作業して~とそれなりに充実の3日間!
そして・・・明日から4日間、8月5日までは、毎日レッスン満載です♪
明日から、頑張ってまいりますよっ

(8月2日、3日のレッスンスケジュールは前回記事に記載しております。

↓        ↓         ↓          ↓
【8月2日&3日レッスンスケジュール】にてご確認ください\(^o^)/


さてさて・・・
本日2度目の更新は、前回記事予告通り、私がこのところ2か月、いや3か月近く、
あれこれ思い悩んでいたことについていろいろ考えたこと、
というか自分の中である程度時間が経ち、気持ちの整理がつきましたので、
けじめとして、
また、ご覧の皆さんや、特に同業者の方には共感頂ける内容かと思いますので、
皆さんと情報を共有すべく、こちらに記載をさせて頂きたいと思います。


今年に入って、当教室は、ご入会された方は5名~7名ほどいらっしゃいましたが、
退会された方も4名いらっしゃいます。
そのうち2名は2月下旬にご出産をされた大人の生徒さん2名。
(偶然なことにお二人とも出産予定日が同じ日でした)
お二人とも、ご出産された後、元気なお子様の写真を送ってくださり、
今現在子育てに奮闘している旨、ご連絡頂きとてもうれしかったです(^^♪
もうお一方は、シフト勤務で、部署が変わってからというもの、どうしても都合を
つけることが難しくなって・・・ただ、そうはいってもその部署に行かれて1年半は
頑張ってご都合をつけて続けて頂いたのですが、いよいよ限界、ということで
6月をもってご退会されました。
こちらの生徒さんも極限まで頑張って通って頂いて・・うれしかったです。
最終日には、今所属しているアマオケのお話などさせて頂き、
また、ご縁があれば・・・と直接お別れのご挨拶もできて・・・よかったです(^◇^)


それと、もう一方、ですが。。。
小学生のお子さんです。(学年等々は、いろいろありますので、詳細記載は省略します)
当教室で幼稚園に入る前からご縁を頂き、ヴァイオリンが全く初めて状態から、
かれこれ数年は在籍してくださいました。
ただ、昨年末辺りからモチベーションが上がらない旨、ヴァイオリン自体をやめたいことは
お母様より伺っていたのですが・・・
あまり詳しいことは書けませんが、その後、続ける、続けない、と紆余曲折され、
その他ご家族のご事情等も・・・まあ、いろいろ、いろいろあってご退会。。
ご退会に関しては、意思の疎通がうまく行かず、
少し、いろいろありましたが、今現在は、元気に毎日を送っておられるご様子で、
とりあえず今後の事は白紙に戻され、現在は新しい生活に奮闘中、だそうです。


そうそう、最近退会については、いろいろと考えることがあり、
それについて同業の方や、ネット等でいろいろなことを見聞きしたり、
また、自身の事もいろいろとありましたので、今日改めて
規約を見直すべく書かせて頂いたわけなのですが、
まず、退会については、私は基本的に去る者は追いません。
ヴァイオリン、はあくまで習い事ですし、
学業とは違いますので、義務で続けるものでもありません。
なので、やはり続けることが困難になってしまった場合、
義務感にかられる必要は全くない訳ですから、
それを無理に引き留める必要は私はない、と思っております。
でも、、
だからと言って、はいどうぞ~とハイハイ明るく送り出してばかりでは
ありませんし、迷っている方には出来るだけ長く続けて頂くべく、
打開策を提示したり、レッスンスケジュールを見直したり、と改善には
全力を尽くします。
ただ、、たかが習い事とはいえ、
1対1の、人としての付き合いは、学業だろうが友達付き合いだろうが、
大切にしたい、と私は考えます。
「飛ぶ鳥後を濁さず」、という言葉もありますよね。
また、芸事であろうと、学業であろうと、
礼を尽くすこと、って大切だと思います。


そうそう、ちょっと話が逸れますが・・・
4年ほど前、日本人以外のお国の方を教えていたことがあったのですが、
(国名はあえて伏せます)
おやめになられる際、お電話を頂いたのですが、ちょうどこちらがレッスン中で電話に
出られなかったので、留守電が入っていたのですが、
入っていた留守電が、
「今日はレッスンに行けません、それと、事情でやめます」
でした。
ビックリして折り返しかけなおしたところ、着信拒否。。されて、電話はつながらず。。。
そのあと、とっても後味の悪い思いをしました・・・。。
約数か月、ひきづりましたっけね。。

まあ正直、お月謝滞納ではなかったし、一応当月20日より前にご申告頂きましたので
規定には反していない、ということで事務手続き上も「規約違反」ではありません。

でもでも・・・それってどうでしょう?!
この時も、しばらく2か月ほど引きずりました。
また、それ以降、海外の方のご入会に対して、少しナーバスになりました。

と・・少し話が逸れましたが、、、
日本は確かに礼を重んじたり、礼儀を大事にする国、かもしれません。
また、今の世の中、上記の方のように、
電話で退会、以外でも最近はメールやLINEが一般的です。
スマホの普及に伴い、メール連絡というのが一般的になりつつある昨今、
メールでなんでも連絡、というのが時として禍になることもあります。
「規定に違反していなければ、メールや電話一本でも・・」

って。。。確かに規約には触れてはいません。
言いにくいことをメールで話してしまう気持ちも・・・正直分からないでもないです。
また、メール連絡した後って、その後は事務手続きだけ、
業務に遂行していけば、手続き上は問題はないでしょう。

ただ、人の気持ちはどうでしょうか?!
いやいや、私は違うと思います。

だって考えてみてください。

私は自分の娘にまず置き換えて考えてみました。
所属している「川越ふじ太鼓」のK先生に、
果たしてメール1つで「やめます」はいさようなら、出来るかな。。

出来ません。。

今習っているヴァイオリンの先生。
年少時も今も、うちの娘さんはギャングなので、
机に乗ったり、走ったり・・ってたくさん迷惑をかけました。
その先生に対してもし、やめるとなったら、メール1つで
「やめます」って・・・

言えません。。

もし、やめるとなったら、直接「お世話になりました、ありがとうございました」
って言いたいし、自然とそうしなきゃ、って思うと思うんですが・・・

また、菓子折りなんか私の場合はなくてもいいです。
最後にちゃんと挨拶が出来ればそれでいいです。
今後、どこかで会うかもしれませんよね?!
どこかで会ったとき・・・知らん顔、じゃなくて
どうしてる??元気??って私は言いたいし、
後味の悪いバイバイ、は正直いやです。。


とまあ、最近ちょっといろいろありまして、
退会の仕方について、いろいろ考える機会を頂き、
また、いろいろな状況を見聞きすることで個人教室のあり方、についても
いろいろと考える良い機会を与えて頂いたな、と思っております。


それと、
今回の事書かせて頂いたのは、
最近の諸々を踏まえまた、
今後、うやむやにやめていかれたり、
メール1つで退会、といったような事だったり、
はたまた、
上記に書かせて頂いたような
「着信拒否後音信不通」といった事がないようにするために
今後もし、ご退会希望の方が出た場合には、
事務手続き上
退会届
を出して頂き、退会に関しては今後うやむやにしない事、を考えないとならないな、と
思い、規約の改定をさせて頂くこと、をお伝えしたかったからです。


退会届、については、近い将来退会される方が、
もし出た場合その方に対して出して頂くことから
運営をスタートさせていきます。
ご退会されるか否か悩んでいらっしゃる時点で、
やめる場合は所定の用紙に退会届を出してください、
とお話しする予定です。

上記の例ように、今回事務手続き上は何の問題のなくてても、
精神的に上記のようなことで今後悩んだり考えたり・・はもうちょっと辛いかな、
と思った上での、今回の「退会届」の運用です。
まあ、退会のお話しなので、今在籍していらっしゃる生徒さんに
改まってお話しする必要はありませんので、
文書でお知らせすることは、しませんが、
新規で入られる方の入会規約に書かせて頂いたり、
お問い合わせが万が一あった場合は、上記をご説明させて頂こうと思います。


尚、
退会については、理由によってはどうしても言いづらいこともあるとは思います。
また、退会届を出すことすら、困難で物理的にメール以外に連絡の手段がない・・という場合もあるでしょう。
(仕事の都合だったり、転勤だったりすると、物理的に不可能だと思います)
でももし、そうせざるを得ないとしても、
先生との関係性を考えた場合、うやむやにしようとしたり、
適当に事務的な連絡だけ、ってやはりこちらとしてはへこみます。
なぜかって・・・それは、、

皆さん、私が大切に思っている生徒さんだからです。
皆さんのことが大好きだからです。

大人の生徒さんの事ももちろんですし、
生徒さんがお子さんであった場合は
その大切なお子さんをお預かりしている保護者の方の事も
私は大切に思っておりますし、失礼のないように接しているつもりです。
また、当教室はそういう人と人との関係は大切にしていきたいお教室です。
個人教室の場合、そういったお考えをお持ちの先生は沢山いらっしゃると思いますし、
個人教室の場合、それがあって、成り立っている場合も多々あると思います。
「人として」の部分は必要ない、と思えば企業が経営しているようなお教室
を選べばよいのだと思います。
そうすれば、そういった煩わしいことはなく、講師も生徒もある程度ドライに
いられて、入るものやめるのも、気兼ねなく自由に出来るの・・かもしれませんよね?!



今回、実は私自身に退会に関して少し考えさせられる出来事があり、
2~3か月悩んでおりましたので、
その間に、同業の方に相談したり、またネット等でよそのお教室の状況を垣間見た際、
どうやら世の中、理不尽な退会の仕方をされた個人教室の先生方、
沢山いらっしゃるということも、最近いろいろ見聞きして知りました。
そういった方々の、ほんの少しでもエールになれば・・と思い、
今回の記事アップにつながったことも・・・ご覧の皆様にご理解いただけたら、と思います。


ではでは、、長文お読み頂きありがとうございました!!
明日は、南古谷&ふじみ野教室2か所7名の皆様!!
元気いっぱいお待ちしております~
スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/1787-4a8f9252