FC2ブログ
2018-07-08 00:26 | カテゴリ:お教室からのお知らせ
皆様こんばんは☆
このところの全国的な豪雨で特に西日本は大変なことになっています。
思えば、私も高校在学まで西日本地域に住んでいましたが、
関東に比べると確かに災害は多かったように思いますが、
最近は災害の程度が昔に比べると尋常じゃないくらい大きく、
被害も大きいように思います。
これ以上被害が拡大しないといいなあ、と切に願わずにはいられません。
また、西日本地域には私の組んでいる音楽仲間さんも住んでいらっしゃり、
今回の雨で特別警報が出た、とLINEでメッセージ頂きました。
相方さん大丈夫かな、、と少々心配しております
関東地方にしてみれば今回恵みの雨になってホッとしているところですが、
主に西日本地域、本当にこれ以上、被害が拡大しないといいなあ、と思います。


ところで、このブログ記事から数回、発表会までの間は、
毎回ではないですが、なるべく
・発表会の運営
・皆さんの取り組み
・講師の取り組み、目標
などなど発表会に絡んだ記事をお届けしたいと考えます。

発表会関連記事第一回目は、発表会リハーサルについて、
です。


当教室は、前にもお伝えしたとおり、10数年前まで富士見市を拠点としていて、
プラスカルチャースクールの生徒さんが半数を占めておりました。
また、その当時は発表会は単独開催であっても、出演者15名ほど、とこじんまり
だったり(何せ大人の方が多い教室だったので、出たがらない方が多かったです)
時折ピアノと合同で行っていて、発表会もピアノ教室さんが
お膳立てをしてくれていたので、会費もさほど頂かず、リハーサルも2回は行って
いたようにも思います。
なのである意味その当時は発表会運営については、恵まれていました。

約9年前に娘が生まれて、出産にあたって産休をとり、拠点も富士見市から
川越に移した後、発表会は今まで6回ほど行わせて頂きましたが、
川越に移って最初のころの発表会は
・出演者も今の3分の2以下で少なく
・会場もホールではない
という条件だったので、物理的、金銭的にリハーサルは今より多い回数で
行えました。
物理的、というのはまず、
出演人数が少ないので講師宅で行えます。
数世帯くらいだったらリビングを利用できますし、合奏リハーサルも
小人数でしたらリビングで行えます。
講師宅なので公民館利用料などかからず、時間も制限なくたっぷりあります。
また、出演人数も少ないのでスケジュール調整が楽でした。

次にひと昔前に在籍していた幼児から小学生さんたちは
たまたまなのかもしれませんが、今在籍の生徒さんたちに比べると
習い事を掛け持ちしていて、スケジュール組が難しい方が
あまりいらっしゃらなかったので、ピアノの先生と生徒さんとの間で
リハーサルスケジュールもあまり悩まず組めていたように思います。
ここ数年の傾向ですが、皆さん本当に習い事をたくさんしていらっしゃる方が
増えました。
また大人の生徒さんについては数年前~10年前に比べると働いている方が
増えました。
プラス、子供の生徒さんのお母様についても、専業主婦の方が数年前、10年前に
比べると減って、パート等で働く方も増えましたのでお母様のお仕事の都合
で連れてこれない、というケースもあるわけです。
という訳でここ数年の雇用状況、子供たちの現状も変わっているように
私自身は感じています。社会情勢の変化、がお教室の運営に影響していると
思うのは私だけかな??(笑)


という訳で、
ただでさえ、振替レッスンを入れることすら大変なのに、
イレギュラーなリハーサルをしかも、人数が多いので別な場所で、
と、特に今回についてですが、スケジュール組みについては、
たかが1日なのですが、その1日を調整することがとてもとても大変です。

また、金銭的というのは、
ホールを借りるので、人数が増えたとはいえ、経費が2倍、3倍、
下手をすればそれ以上かかりますので、リハーサルを多くすることで、
参加者の皆さんの負担を増やすことに
なってしまうことも考慮し、そういった意味でもここ3回ほどは
リハーサル回数を1回にさせて頂いている次第です。


ただ、正直私も思います。
そういうことを全く気にせず、スケジュールの合う方はリハは2回行ってもいいんじゃないか??
金銭的な負担を気にされない方だったら追加料金を取って
リハーサル2回でもよいのではないか??

でもでも、反面それをやってしまうと、
不公平さが生じますよね。。
また、今どきの子供さん、大人さんもそうですが、
子供さんは他の習い事や塾で多忙
今どきの大人さんは働いている方が大変多いですし、
働いていてプラスお子さんの塾の送迎、習い事の送迎
などで大変お忙しいと聞いています。
そんな中趣味に時間を割くのが難しいというお話も時々いただきます。

という状況なので、今回の発表会も、
私は無理にリハーサルを2回設けるのではなく、
1回のリハーサルで集中して取り組んで頂きたいと考え、
先日お渡ししたようなスケジュールにてリハーサルをさせて頂こうと
考えております。
また、リハーサル会場ですが、
人数の関係でどうしても、公民館などの他場所にせざるを得ません。
自宅だとどうしても収容人数的に困難なので公民館を借りざるを得ないのですが、
その場合、時間が決まってしまいます。
時間が決まった中でリハーサルを行うということは、限られた時間で人数を割るので
人によっては満足のいかない時間になる場合も当然あるとは思うんですね。


その辺りが正直少し難しいなあ、とは思っていました。
そりゃあ、私だって必要な方にはリハーサルでたくさん弾いてほしいと
思いますし、そうしてあげたいです。
本当はおひとりに対してまるまる30分以上、リハーサル、組んであげたいです。
でもそうすると、現状を考えるとリハーサルを何日も行わないとなりません。
それは・・・ピアノ伴奏の先生の今度はスケジュールのご負担になってしまいますよね??


とここ3回ほどリハーサルを1回、一人平均20分ほどとさせて頂いていることに対して、
中には不本意に思っていらっしゃる方もおられるのではないかと思いましたので
本日この記事とさせて頂きました。


私自身は以前のように
・もちろん物理的に金銭的にそれが可能なのであればおひとりおひとり満足が
いくようなリハーサルをして頂きたいです。
・ただ、今現在様々な理由でそれが難しいことをご理解頂きたいです。
・どうしてもリハーサル時間を取りたい方が数名いらっしゃいましたら、
別料金を取る、生徒さんからピアノの先生にアポを直接取って頂いて
合わせ練習を行って頂く(逆もあり。ピアノの先生が特定の生徒さんと
合わせ練習をされたい場合は私にご相談頂く、等)

ということを今回考えましたこと、本日ご報告させていただき
また、大人打ち上げの飲み会や、発表会終了後のレッスンでの子供の生徒さんの
お母様方との会話の中からその辺をお話しし、必要であれば来年以降改善して
行きたいと考えます。


最後に上記に関連した話ですが、

・娘のヴァイオリンの先生の門下生さん合同発表会もリハは1回、
しかも時間は10分です。→うちより少ない??
・私のフルートの先生の開催する発表会もリハは1回(時間は不明)
と聞いています。
・娘の通う音大教室の発表会もリハは1回15分です。
・近隣地域のヴァイオリンの先生の発表会はアンサンブル練習は割りと
たくさん行うそうですが、ソロリハーサルはやはり1回だそうです。

といったことを聞きました。
また、今月17日火曜日は横浜でヴァイオリン講師研修会がありますので、
その際にリハーサルについて皆さんどうされているかを
お聴きし、参考に出来るものは参考にし、次回以降に活かせたらよい
と思っておりますので、ご覧の皆様よろしくお願いいたします♪



ではでは、今日はまじめな記事を書かせて頂きました
いよいよ発表会まであとちょうど2週間。
ご参加の皆様が少しでも気持ちよくご参加されますように・・・
また、もしリハーサルについて不本意な気持ちでいらっしゃる方が
いらっしゃればその理由をきちんとお話する必要があると思い
記事にさせて頂きましたことご理解ください。
また、リハーサル以外についても、他のことで何かありましたら、
心の中でモヤモヤ考えるのではなく、一度私にお話しください。
ただ、私も自分のやり方がありますので、何でもかんでも皆様の
ご要望通りに・・とはいかないかもしれませんが、
皆さんのご意見ご要望はいったん真摯に受け取り、
改善できることは改善していきたい気持ちは大いにありますので、
ご理解頂けましたら幸いです。

だって、皆さんが主役の発表会ですよね!!
皆さんに気持ちよく演奏していただき、次につなげて頂きたいですから・・・

主役は私でなく、生徒さん方皆さんです♪
あと、2週間、頑張ってまいりましょう~(^O^)/


スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/2035-6baa7208