FC2ブログ
2018-07-19 01:48 | カテゴリ:子育て・育児
皆さんこんばんは☆

17日火曜日は横浜での研修会で、主催のかなこ先生と、新しく顔見知りになった
3名の先生方と和やかに過ごし、本題プラス発表会のあれこれもお聴きすることが出来て、
とっても有意義な時間を過ごし帰ってきました☆
(そのお話も詳しくさせて頂きたいところですが・・・最近諸々で事務作業ピーク!!
ということで、次回以降時間があれば、お伝えさせて頂きますっ

そして迎えた本日7月18日。
実は・・・今日はレッスン希望の方が数名いらしたものの、もともと休む予定でいた、
プラス発表会の事務準備がきっとすごいことになっているはず!!という予測の元、
かなり強引にお休みを頂いておりましたので、
午前中は最近あまり行けてなかった岩盤浴に行き、
たっぷり汗をかいた後は、12時には岩盤浴場を出て、
発表会の楽屋に置く飲み物や、食べ物の買い出しに行き、
銀行に行き、ついでに学校の視力検査でひっかかった娘さんの
診断書をもらいに行き、と仕事の用事や野暮用でてんてこ舞い・・・
戻ったのは14時。

で、戻ってたらこの暑さにもやられたか、怒涛の疲れで家事をちょこっとこなした後の
15時~16時30分まで約1時間半お昼寝zzz

ただ、このお昼寝時間、もともと想定内の時間だったので起きたら、きっちり、
発表会場の張り紙作成→お礼状作成→娘さんの太鼓の送迎→夕飯つくり→太鼓お迎え
等バッチリ乗り切れました(#^.^#)
なので、仕事もプライベートもそこそこ楽しめて有意義に一日送れたかな??
岩盤浴も満喫できたし、お昼寝もそこそこできたし、予定通り買い出しやら
事務仕事やら出来たしね

でもでも~
練習が・・・ほっとんど・・・てか、基礎練しかできなかった!!!!

という訳で練習は明日頑張ろう。と心に固く誓いました!!!!
特に大人の生徒さんソロの伴奏デュオで弾かないとならないベリオの
デュオコンチェルタンテ、と、アンサンブルデュオのモーツアルトの
コンチェルトーネ、が譜読みの見直しがなかなかできなくて大変です。。
でもでもまあ、明日集中して見直せば大丈夫でしょう

という訳なのですが、、
自分自身の練習、確認は明日集中して頑張ることとします。
ってか、毎度毎度反省してます。。忙しいことを言い訳に、
発表会に取り掛かる姿勢がなっていないです。毎度毎度取り掛かりが遅いですね。
発表会事務準備と同じく、毎度毎度もっと早く練習すれば万全な体制で臨めるんですよね。。
すみません・・・今回はいつも以上に深く反省いたしました


ところで、長い前置きの後の本題なのですが・・・
今日は娘さんの発表会事情をお伝えいたします(^O^)/


保育園児のころからすると、だいぶ太鼓熱は冷めてきたものの、
ヴァイオリンに関しては、
・プロになりたい
ということもあれば、
・趣味で弾きたい
と思うこともあるようで、いまいちよくわからない状況が続いているうちの
小学校3年生の娘さん。
ただ、太鼓については、全国大会を目ざすジュニアチームにはあえて入らず
(指導者の方からたたき方が上手なので入ってほしい、と言われたこともあります)
今現在比較的ゆるい小学生部、でがんばっておりますので、
太鼓太鼓、という訳でもないので、
ヴァイオリンを頑張る時間はたくさんあるはず、なのですが・・・。

ただ、上記をご覧頂くように、本人がまだなかなかそういう本気モードに
なっていない中迎えた発表会。
しかも、本人はザイツのヴァイオリンコンチェルトに妙に親近感を抱いていたので
今回の発表会。
実は、、ザイツのどれかが弾きたかったんです。

でも、今年当教室はザイツ前後のレベルの方が大変多く、
しかも今年は当教室も「コンチェルトが弾きたい!!」という野望をお持ちの方がとっても
多かったので、そのとっかかりであるザイツのコンチェルトがかなりの人気でした。
なので、娘さんが選曲する前から、
ザイツのコンチェルトはぜーんぶ曲を取られてしまい、娘さんが選曲することには
ザイツが何も残らなかったので、
今年はちょっと頑張ってヴィバルディのop3-6、a-molの1楽章を
やることになりました。


あ・・・ただ、重音オンパレードのザイツの5番3楽章、だけはどうしても無理なので
手が出ませんでしたねえ。。。
その5番3楽章には、ピアノが得意で音感抜群な当教室のWちゃんが
挑むことになりました!!お楽しみに♪

話は元に戻りますが、、うちの娘さん。
最初はまず、曲調が比較的お気に入りだったザイツ数曲が弾けないことを最初は
かなり悔しく思っていたのかだいぶ愚痴っておりましたが、
自分なりに、「自分より大きい大人さんやお姉さんたちより難しいヴィバルディを演奏すること」
でモチベーションをアップさせ、がんばりました。


ただ、思った以上にサードポジションへの移動に苦労し、臨時記号の多さに苦労し、、、
細かい16分音符の動きに怒りを覚えるようで、時々母に八つ当たり。
移弦が多く4の小指がたくさん出てくるのが耐えられないようで、
今回娘さんの先生とも話し合い、4をあえて減らしたり、、、などなかなか大変でした。
思えば数か月前まで練習中はだいぶ荒れていましたねえ。。
しかも、数か月前は3年生になりたての時期。
実は、今年の3年1組。仲良しの子がみーんな3年3組に行ってしまって、
親しい子がいなくて、なかなかクラスに溶け込めず、苦労していた時期でした。。。

とそんなこともありつつ。。しかもメンタルだけでなく、3年生になったころで、
お勉強でも若干苦労を強いられていた3年生1学期。
という中で迎えたヴィバルディのいばらの道です。
そうそう、4月よりヴィバルディを練習し始めたはよいですが、
今回、鈴木ヴァイオリン教本4巻に載っている編曲者「ナッシェ版」だととてもじゃないけど
大変だったので、原曲にのっとって編曲をされている「ペータース版」の編曲で練習をし、
何とか本番に間に合わせましたとさ(#^.^#)・・・

と、苦労をした中でも、なんとか暗譜は間に合いましたよ~本当に良かったです♪
がんばったね(^O^)/


と、そんな感じで心身ともに今までの中で一番苦労をして迎えた今年度の発表会です。
本番は本領を発揮できるのか???
ベストを尽くして頂きたいですね!!


そうそう、娘さんのアンサンブルですが、娘さんと母ゆっぴで、
ショスタコーヴィチの2つのヴァイオリンのための5つの小品より「エレジー」
を弾きます。
こちらはゆるーい曲なので、6月下旬から練習を始めましたが、最後の掛け合い
部分がどうしても間に合わなくて、曲の一部は掛け合わずに私が一部一人で
全部弾くことで間に合わせました。。


でもまあ、何はともあれ3歳から始めたヴァイオリン。
3歳から参加したあらゆる発表会はほとんどミスしたことはなく、常に安定した出来だった、
娘さんですが、今年はいろいろ苦労をしているヴィバルディがだいぶ苦戦をしているため、
もしかしたらミスがあるかもしれないことを本人はほんの少し悩んでいます。
でも、仮にザイツを弾いていたとしたら、さほど苦労はしないで行けると思うので、
そう思えば今回は新しいチャレンジだと思ってもらいたいですね!!

そして・・・その経験が今後の音楽人生にうまく結びつけばよいかな~。。
ちょっとした母の思いです。。。



ではでは、気が付いたら夜も25時30分すぎていました。。。
明日は9名レッスン、明後日は最終リハーサル日でした。。
無理はよくないですね(^O^)/もう寝ます。。。


21日の発表会まであと3日♪
ご参加の皆様☆いよいよ追い込みです。
がんばってまいりましょう~


おやすみなさいzzz
スポンサーサイト
40gbe9556k">友だち追加数
秘密

トラックバックURL
→http://yuppieviolin.blog97.fc2.com/tb.php/2038-98d223a5